年齢に見合ったダイエットを

いつまでも女性らしいメリハリのあるボディラインでいたいですよね。そのために様々なダイエットにチャレンジするのが女性という生き物。そんな女性の願いから、様々なダイエット法が登場していますが、そのような流行りもののダイエットで成功したという方は、実はあまりおられないのではないでしょうか。 そもそもなぜ太るのかというと、薬の副作用や病気でない限り、摂取したエネルギー量と運動量のバランスが悪いからです。つまり、運動量より摂取カロリーが上回っているのが原因です。それなら食事を減らせばいいと安易に考えがちですが、実はこれには落とし穴があるのです。人間はホメオスタシスといって、環境に適合するように作られています。食事の量を減らすと、最初は減量できますが、身体がそれに慣れ、減らなくなっていくのです。要するに低燃費となっていくのです。しかも、食事制限によって減るのは脂肪ではなく、筋肉です。筋肉が減ると基礎代謝も落ちてしまうので、食事制限ダイエットというのは、筋肉量を減らし、その結果基礎代謝が落ち、痩せにくい体質となるのです。 実は、年齢とともにダイエットに成功しにくくなるのは、この基礎代謝が原因です。一般的に、年齢とともに基礎代謝は落ちます。同じものを食べて、同じ運動をしても、基礎代謝が落ちるので、同じようにカロリーを消費できないのです。若い頃は食べても太らなかったのに、中年以降は同じ量の食事、もしくはそれ以下でも太るというのは、この基礎代謝の低下が原因です。 そこで、歳をとってからのダイエットで重要なのが、いかに筋肉を落とさないで体重を落とすかです。それには、食事制限はもちろんですが、運動が欠かせないのです。特にウォーキングや水泳などの有酸素運動がお勧めです。これらの運動をして、基礎代謝を落とさない、もしくは上げながら、食事をコントロールすることではじめて、年齢がいってからのダイエットは成功できるのです。



▲ページトップに戻る